So-net無料ブログ作成

♭音楽のある生活-3 宝の山 [♭趣味]

トーチャンは昔から秋葉原通いが大好きでした。

高校時代も大学時代も秋葉原は通学の乗換駅。
社会人になっても秋葉原は通勤の途中駅。

オーディオショップによく足を運んでおりました。

単身赴任の現在、羽田空港と自宅との乗換駅は秋葉原。

週末を東京自宅で過ごした後、少し早めに家を出て秋葉原をうろついて神戸に帰ることがあります。

昔ながらのオーディオ専門店は激減しましたがそれでもまだマニアックな機器を販売している店は結構あります。

今日仕事が終わり会社から自宅までウォーキングで帰宅。

いつもの道の一本筋違いの通りに地元の小さなオーディオショップがあり、以前ちょっとだけ覗いてみたんですがそれほど興味のあるモノは置いていなかった。

今日はじっくりと店内を観察。

マニア向けの機器、具体的にはLINN SONDEKをメインに扱っている様子。

LINN SONDEKはトーチャンも気になるメーカーですが購入候補には挙がらない。

ところが、よく見るとそこここに往年の名機が展示してある。(と言うかインテリアとして飾ってある?)

さらに照明の消えた試聴室らしき空間にオーディオ機器が一杯放り込んでありました!

ガラス越しに覗くと、トーチャンが以前から欲しかったモノが無造作に置いてありました!!

店主にお願いして部屋の中を見せてもらうと宝の山! 

驚いたことにタンノイのオートグラフも鎮座しておりました[がく~(落胆した顔)]。(超有名なスピーカーです。)
オートグラフは構成にもよりますが、モニターゴールド+オリジナエンクロージャー(スピーカーボックス)なら数百万?
HPDの15インチ+国産エンクロージャーとの組み合わせでも百万円ではとても買えないかな?
秋葉原でも見かけることはほとんどありません。

他にも超高級機ではないんですが、トーチャンの学生時代の機器がいっぱい。
トーチャンが欲しいものの価格を尋ねると売り物ではないとの回答。

その開かずの間にあるのは一部は昔なじみのお客さんからの修理受付品で順番待ちもありますが、商品として売りたくない機器を放り込んでいるらしい。(お客さんから下取りでもしたんでしょうか?)

古い真空管アンプもざっと見ただけで2~3台置いてありますが、実際に販売しているのは最新設計の現行機種だけ。

そこから色々話をしたんですが、トーチャンよりはるかに年上の店主は「音楽を聴くなら現代の機器。ビンテージに出す金額があれば最新の機器を買うべき」とのポリシー。

確かにLINNにはネットワークオーディオ機器をつないでいました。
(その割にはアナログプレーヤーが置いてあるし、店舗の別コーナーでは中古のアナログレコードを大量に販売してました。)

最近ビンテージのオーディオ機器にカネをつぎ込んでいるトーチャンとは相いれない(笑)

ま、考え方の違いはあるものの、時々顔を出して顔なじみになればアイツを売ってくれるかも???

アンプの修理もやっているそうなので、そのうちお世話になるかもしれませんね。


♭音楽のある生活-2 お手入れ [♭趣味]

今日は会社からの帰りのウォーキングをサボって早めに帰宅。

夕食は昨日の残り物のおかずでさっさとすませ、手に入れたアンプのお掃除。
今日の作業は端子類のホコリと酸化皮膜の除去 & 粘着テープの跡の除去。
基本はクロス磨きと拭き取りだけど、粘着テープのしつこいところはベンジン使用予定。
仕上げの拭き上げに使う溶剤は無水エタノール。

汚れを落とす目的よりは磨いて出たカスをきれいにふき取るため。
水だと乾きにくく乾燥に時間がかかる。
エタノールだとさっと乾くので水濡れによるショートの心配をしなくていい。
使い捨てのメガネクリーナー(不織布製)と固めのメラミンスポンジ。
大人用とベビー用綿棒を準備。

あとはポリッシュ効果の高い素材のクロス。
キレイにしたところを汚さないよう白い手袋。
 基本はクロスでごしごし。
こまかなところは大人用綿棒、ピンジャックやACアウトレットの内側はベビー用綿棒を使います。

 

さてスタート!
リア全景.jpg

ACアウトレットがひどいことになってます。
多分強力な粘着テープで覆っていたんでしょう。
がっちりと粘着剤がへばりついてます。
ACアウトレットはひとつ欠損。もう一つもかけてます。
ま、欠損部は中でショートしなければ問題なし。
Outlet周り.jpg

基本的にはアルコール、ベンジンは使いたくない。
気をつけないと塗装を傷めたりやプリントされた文字、ラインを消してしまいます。

中性洗剤を薄めにいれたぬるま湯とメラミンスポンジで根気よくこする。
水滴が垂れて内部に入らない様に固く絞って細心の注意を払います。

テープ跡が厚くて大変なところだけ部分的に溶剤を使用。
(今回はベンジンよりアルコールの方が効果的でした。)

20分くらいかけてまぁ合格点の仕上がり。
outlet清掃後.jpg

コンセントの穴の部分はベビー綿棒で掃除。
結構ほこりが溜まっていました。
outlet清掃.jpg

ここは使う予定はないので埃よけのキャップを装着。
本日帰り道に100円Shopで購入。
AC_Cap.jpg

見た目がすっきりするでしょ?
AC_Cap後.jpg

白は電源連動、ピンクは非連動(常時給電)と区別するのがA型のトーチャンwww

次はたくさんあるピンジャック。
まずピンジャックの中はベビー綿棒で埃を取ります。
ベビー綿棒.jpg

それから外面をクリーニングクロスで徹底的に磨く。
今回は金メッキじゃないし、年代物だったのであまりキレイにはならなかった。

でも研磨剤入りクリーナーは使いたくないので成り行きでよしとしました。

仕上げに専用のクリーナーブラシでグリグリ回してひとつ終了。
PIN_Jack_Cleaner.jpg
本日は全部で19のピンジャックを掃除。
格闘すること3時間。

見た目はそれ程きれいではないんですがクロスや綿棒には灰色のカスがいっぱい付着。
落とせるものは落としたということで目的は達成かな?

 
折角掃除したから使わないピンジャックはホコリが付着しないようキャップ。
便利なものが市販されています。
PIN_Cap.jpg

見た目すっきり[黒ハート]
PIN_Cap後.jpg
作業終了.jpg

で本日は遅くなったのでここまで。ボンネットケースや全面パネルはまた今度。

あー労働の後のお酒がうまいwww

♭音楽のある生活-1 ビンテージ(一つ間違えればジャンクと言う…) [♭趣味]

ヤフオクで落札した商品を昨夜受け取りました。

モノは…

写真右側の黒いアンプ。
DSCF3447.JPG
ほぼ半世紀前、1968年発売のビンテージアンプ。
お約束のノークレーム、ノーリターン品。

年代モノのアンプは色々な部品が劣化しているので下手に手を出すと後が大変。
安いものを入手してもオーバーホール費用を覚悟しないといけない。
昨年購入したビンテージアンプは正規代理店の修理部門や専門店でメンテした動作保証品でした。(メンテ明細付)

今回はメンテを謳っていない動作のみ確認品。
間違って落札できたらラッキー、とりあえず動けば儲けモノと割り切って入札。
正直言うとメンテ費用を覚悟したかなり安目の入札なのに落ちてしまったモノ。

でも想像してたよりも状態が良く、昨夜は3時間ほど通電し異臭、異常発熱のないことを確認。
とりあえずBGM用のおもちゃシステムをつないで、各入力端子からの入力、音量、左右バランス、トーンコントロール等が機能するかチェック。(後ろに見えるシルバーのちっちゃな機器を見て笑った人はマニアwww)

出てきた音は経年劣化を感じさせない期待通りの音。

アンプ右端のシルバーのサイドモールが上下逆に取り付けられていたのはご愛嬌(笑)

今日も追加で2時間ほどエージング。
セッティングは日曜日の予定。

50年近く前のオーディオアンプがまともに使えるの?
最新型の方が音がいいんじゃないの?

と思われるでしょうね。

オーディオは趣味の世界。

単なる電気信号を増幅するデバイスではない。
音楽を鑑賞する魅力をもつ再生装置であって欲しい。

最新のオーディオ機器の再生能力は素晴らしい。
でもトーチャンが中学生から大学生の1960年代から1970年代には今の製品には感じられない魅力がありました。

機械としての個性的な魅力や所有する喜びに満ち溢れていた当時のオーディオ機器を『楽しんでいる』トーチャン。

そんなトーチャンの音楽ライフを後ほどご紹介します。


♭認知的不協和 [♭趣味]

すっぱい葡萄.jpg 

昔々あるところにビンボー学生だったトーチャンがおったそうな。

オーディオ好きなトーチャンは海外製高級アンプが欲しくて仕方がなかった。
しかし、高嶺の花で手が届かなかった。

欲しいのにあきらめるという矛盾が『認知的不協和』と言う不快な感情状態を惹起する。
それを低減するため『あきらめたという判断を正当化』し自らの好みを否定する。

『俗物根性丸出しの成金趣味だよねー、あんなの眺めてニヤニヤしてるなんて恥ずかしいだけ。』


そんなトーチャンは数十年後俗物として立派に成長(年齢、腹回り)し、三つ目の葡萄を手に入れました。

その甘さに目をキツネのように細め、ニヤニヤしているそうな。


         ぶどう.jpg  キツネ.jpg

めでたし、めでたし


♭無駄遣い [♭趣味]

日曜の夜、静かな時を過ごしていたトーチャン。
でも先週ある決断をし精神的にちょっと落ち着かない日々を過ごしております。

理屈では分かっていて納得せざるを得ないんですが、心の奥底では完全には踏ん切りがついていない。 

 なんか気分が乗らないので寝る前に気分転換にネットサーフ。
以前から欲しいモノがあり定期的にヤフオクをチェックしているんですがトーチャンの予算をオーバーするものばかり。
 
今回も数点出品されていました。

開始価格でトーチャンの予算をはるかにオーバーするものの中に、残り3時間で価格が相場より安めの出品が!?

説明を見るとジャンクでもないし、大きな不具合も無さそう。
見えないところのパーツが一部欠損していたり、汚れがあるようですが実用上問題なし。

でもどーせ終了直前に値が跳ね上がるんだろうな…(過去数回それでヤラれました)
と思いながらも様子見で軽いジャブ程度の金額で入札したらあっさり最高入札者。
 
でもしばらくするとそれを上回る競争相手が出現。
それでも値動きは大人しいので、落札できたらラッキーという金額で応札。

どーせあの金額で落ちるわけないと思いオークション終了まで待たずにそのまま就寝。

今朝出勤前に確認したら、
 
 
 落札.jpg
  
なんと入札した金額のままで競争相手が出現しませんでした。
最近の落札相場ではジャンクを除けば最低金額かな? 
 
でも無駄遣いなので嬉しさは半分
なぜなら同じカテゴリーの製品はすでに持っており、そちらの方も気に入っているのでどちらを使うか悩みます。

それなのになぜ購入したかと言うと…

デザインを合わせたかったから! というだけの無駄遣いそのものの理由[ふらふら]
 
さて今週はちょっと忙しいのと週末は出張+帰宅なので受け取れるのは来週になりそう。 
 
さて楽しみに待っていましょう[黒ハート]
 
(もちろんカーチャンには内緒で購入www) 

♭無駄遣い進行中♪ [♭趣味]

届いたものをキチンと確認して
DTI-MS1.jpg

パキッと外して
DTI-MS2.jpg

送料込みで70円[わーい(嬉しい顔)]で購入した下駄を用意して
DTI-MS3.jpg

ガタつかないようにキチンと下駄を履かせて
DTI-MS4.jpg

古いモノを取り外し
DTI-MS5.jpg


新顔を本体に装着
DTI-MS7.jpg

ちょっとキツイけど優しく奥まで挿入
DTI-MS8.jpg

接続テストは問題なし。

回線変更じゃなくて、同じ回線の標準SIMをマイクロSIMにサイズ交換(無料サービス)。
それをわざわざ下駄を履かせて、同じマシンに戻す??

DTI-MS6.jpg

古い方は返却しなくちゃいけないから大事に保管。

何かを企んで準備中のトーチャンです[わーい(嬉しい顔)]


♭お土産 [♭趣味]

三連休最後の夜、単身赴任アパートでくつろいでいるトーチャンです。

天国のような涼しさの那須から地獄のような暑さの東京に戻り、今日は過ごしやすい兵庫の田舎で夜を過ごしています。

那須の夜は22℃位でちょっと羽織るものが欲しくなるような気温。
しっかり掛け布団にくるまって寝るなんてこの季節なんて贅沢な環境なんでしょう。

那須から東京に帰るため高速に乗る直前にカーチャンと息子を連れてお土産購入にお出かけ。
そこで購入した自分用のお土産。
BOX.jpg

リボンがかけてありますが、『自分へのご褒美』なんてシチュエーションではありません。
売り場のオネーサンと色々お話したら、そのオネーサンが気を利かせてラッピングしてくれたんです。

リボンの下の白い封筒はオネーサンからのプレゼント。
(ちなみに息子用に同じような商品を買いましたがそっちは質実剛健と言うかフツーのラッピングでした[わーい(嬉しい顔)]

中身は・・・
ひそひそ.jpg

はい、那須のエミール・ガレ美術館で、ガレの作品をモチーフにしたランプを購入。
安っぽい『ガレ風』の作品で美術品には程遠い。
でもトーチャンは身近に置ける具体的なモノからイメージを膨らませるのが好きなんです。
スノッブなトーチャンはこのランプがお気に入り。


『つばめたちのひそひそ話』

右側の額に入っているのはオネーチャンがプレゼントしてくれた、ガレの元作品の絵葉書。

以前別ブログで記事にしましたが、トーチャンはオリジナル作品の首の細さの華奢な危うさと不安定さに心惹かれるんですが、このランプにはそれがないが残念。
でも今回思い切って購入。

この写真ではわからないんですが、ガラスシェード全体に気泡を取り込む特殊な技法で作られています。館長さんが教えてくれましたが、あるもの(秘密[黒ハート])を入れることでこの気泡がきれいにできることが分かったのは最近のことだそうです。

水たまりに雨、水面は泡立ち、
屋根のつばめたちは
ひそひそ話にかかりきり、
冬が始まる、寒さがくるよ!
                   ~テオフィル・ゴーチエ~


そう、この気泡は水たまりや泡立った水面を象徴する大切な要素。

灯してみると・・・
電球色.jpg

うーん・・・
なんかイメージが違う。

そこで手持ちのLED昼光色のランプに入れ替え。

LED.jpg

こちらの方がトーチャンの望むイメージに近いですね。
コンパクトデジカメなのでEVやISO調整してもこのレベルですが実際はもう少しクールで透明感のある薄いブルーです。

今回は時間がなく作品鑑賞はできませんでしたが、次回はゆっくりカーチャンと作品鑑賞をしたいと思っています。

那須にお出かけになったらエミール・ガレ美術館を訪れてみてください。
1,000円の入館料が高いか安いか、その判断は皆さんの感性にお任せします。


♭共鳴するアーティスト-3 [♭趣味]

No.3は最初に書いたエラ・フィッツジェラルド。

若いときのエラの歌声はアドリブやスキャットも含め圧倒されるような力強さとセクシーさ。
全盛期は脂の乗ったエネルギッシュな歌声と艶やかさ+円熟味溢れる歌唱力。

だけどトーチャンの感性が共鳴するのは60代近く、声量も衰え少し枯れてきた時代のエラ。

特にジョー・パス(ギター)とのスローバラード主体のデュオアルバム。

語りかけるような、Bluesyな歌声。
そのエラの歌声を優しく支え、絡みついたりそっと距離を置いたり、またあるときは優しくエスコートして先導するジョーパスのギター。

トーチャンが好きな曲のひとつ。

アルバム『Fitzgerald & Pass Again』
51EfU-c9P2L.Image._.jpg

の冒頭に収録された曲

『I Ain't Got Nothin' But the Blues』

この二人の作り出す優しさ溢れる空間に身を委ねると何とも言えない満足感が一日の疲れを拭い去ってくれます。
ある種の場(Field)で体全体を優しく包み込むように震わせる。

音に包まれ全身が共鳴していく感じはヘッドホンでは得られません。

これまでご紹介した3人のアーティスト

共鳴すると言う共通の言葉を使いましたが

吉田美奈子は中枢神経系を直接震わせる。
ジョアンジルベルトは体の奥深くまで浸透し心を震わせる。
エラはある種の場(Field)で優しく包み込むように体全体を震わせる。

それぞれ異なる感覚だけど、この感覚を失わず大切に付き合って行ければ幸せです。


♭共鳴するアーティスト-2 [♭趣味]

トーチャンの感性と共鳴するアーティスト。

No.2はボサノバの世界で知らない人はいない、ジョアン・ジルベルト。
あまりに有名すぎて好きと言うのが少し気恥ずかしくなるくらい。

出会いはトーチャンが大学生の時。

夏休みに高原にあった学校の施設で避暑がてらお勉強(当時マジメな理科系大学生でした。[わーい(嬉しい顔)]
夜勉強しながら聴いていたラジカセから流れてきた音楽に心を奪われてしまいました。

それがジョアンジルベルトのアルバム『三月の水』

三月の水.jpg

静寂な空間に、自身の弾くシンプルなギター、訥々と囁くような歌声が隅々まで響き渡る。
気負っていないのに気迫が空間に満ち溢れて、狂おしいほどの寂寥感が姿を垣間見せる。
かと思えばリラックスしてくつろぐジョアンもそこにいる。

その中で衝撃を受けた曲が、彼の生まれ故郷、バイーア州を題材にした『バイーア生まれ』。

シンプルな曲なのに今でも何回聴いても体の奥から感動がこみ上げてくる。

このアルバムは彼がアメリカに在住しているときの作品らしい。
遠く離れた異国の地で生まれ故郷を想い、歌う。

ボサノバでよく使われる、ポルトガル語の『Saudade』(サウダージでググってね。)
軽やかなリズムや楽しげな演奏の中にも奥深くに『Saudade』の存在を感じ取れる。

トーチャンが数年前ポルトガルを旅行したのは『Saudade』と言う言葉が生まれた国でその源流を感じ取りたかったから。
裏通りの小さなレストランで地元歌手の歌うファドを聴き、ボサノバとは違うけど根底に流れる『Saudade』を一瞬感じることができたことを忘れることが出来ません。

ジョアンの歌声は吉田美奈子のように神経系統を直撃するような共鳴のしかたではありません。

上手く表現できないけど、皮膚感覚というか全身からボサノバが浸透していくイメージ。
でも浸透していくだけでその時点では共鳴ではない。
体を震わせる振動が体の奥深くに届きそこで共鳴すると言えばいいのでしょうか...
ヘッドホンで聴くとこの感動は得られません。

 

残念ながらこのアルバムが聴けなかった失われた20年近い日々がありました。

初めて聴いた夜、ラジカセで録音したんですが初めの数曲は録音できなかった。
当時のFM局はアルバム一枚をそのままオンエアしてくれる時代。
当時はレンタルレコードなど無く、お気に入りのアルバムは購入するかFMでエアチェック(録音)するしかない時代でした。

全曲を聴きたくてFMの番組表(懐かしのFM fan)でアルバム名を調べ、購入しようとしたけど出来なかった。
(記憶が明確ではないけどその時点で廃盤になっていたのかも知れません。)
秋葉原、御茶ノ水の輸入盤専門店や中古ショップを探すも空振りの日々が続きました。

本当にテープが擦り切れるほど大事に聴いていたんですが、社会人になって引越す時テープが行方不明になってしまった[もうやだ~(悲しい顔)]

CDの時代を迎えジョアンジルベルトの作品もCD化されましたがこのアルバムはなかなかCD化されず、『バイーア生まれ』を聴くことは出来なかった。
10年ほど前にCD化されてやっと再会できました。

他にも好きなアルバムはいくつもあるけど、トーチャンにとってジョアンジルベルトの原点は『三月の水』なんです。


♭共鳴するアーティスト-1 [♭趣味]

トーチャンの感性と共鳴するアーティスト。

No.1は日本の女性シンガーの吉田美奈子。
初めてその歌声に出会ったのは今から40年以上前。
当時トーチャンがよく聴いていたジャンルのアルバムがいくつかあり、そのバックコーラスの歌声で凄く気になる存在、それが彼女でした。

トーチャンが高校生の時ファーストソロアルバムがリリースされ、その後大学生時代、社会人と長く聴き続けることになりました。
彼女はトーチャンよりちょっとだけ年上ですがほぼ同世代。
同じような年齢の積み重ねで、トーチャンの成長と彼女のアルバム作りが同期していったのかな、とも思います。

リビングには昔買ったアナログレコードの中からお気に入りのジャケットをディスプレイしています。

DSCF1917.JPG

彼女の歌声は本当に背筋と言うか脊髄が震える感触。
地声の芯の太いしっかりしたヴォーカルは脊髄よりもう少し脳ミソに近いところで共鳴するんですが、高音域はもっとダイレクトに神経組織を直接揺さぶる感触です。

トーチャンの脊髄の体制感覚性神経系の固有振動と周波数が合っていると信じ込んでしまうほど...
※この表現は医学的・生理学的には全くデタラメな比喩表現です。念のため。

もちろん声だけじゃなく、曲そのものも素晴らしい。
その曲によって震え方が違う。
聴いた後に快感で心が温まるのを実感する曲もあるし、限りない寂寥感に襲われる曲もある。

曲を聴くたびにその歌を初めて聞いた時代の感覚が蘇る。

今は便利な時代になり、YouTubeで吉田美奈子に触れることができるようになりました。

その中でトーチャンの今日の気分で選曲した2曲をご紹介します。
クリックすると音が出るので注意してね。良質のヘッドホンがお薦めです。

吉田美奈子 アルバム Gazer(1990年)から 時間(とき)をみつめて

         アルバム EXTREME BEAUTY(1995年)から BEAUTY

この歌声がトーチャンの神経系と共鳴していることだけを知っていただければ充分です。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。